男性ホルモンの分泌が薄毛の原因です

男性ホルモンの分泌が薄毛の原因です

男性ホルモンによる薄毛をAGA脱毛症といいます。一般的に男性に見られる症状ですが、女性も無縁ではありません。なぜ、男性ホルモンが薄毛を引き起こすのか、そのメカニズムを解説します。

毛髪の成長の仕組み

頭皮には毛根があり、そのなかに毛母細胞があります。毛母細胞は毛細血管から毛乳頭を経由して栄養分を摂取、細胞分裂することで毛髪は成長しているのです。

ジヒロテストステロンの弊害

毛根にある5a還元酵素は、テストステロンをジヒロテストテロンという通常よりも5倍から10倍強い男性ホルモンに変化させる働きがあります。このジヒロテストテロンは毛母細胞の働きを強力に抑制する力があります。テストステロンの分泌が過剰ならば、ジヒロテストステロンも大量に生成されることになり、AGA脱毛症を引き起こしてしまうのです。

女性でも起きるAGA脱毛症
更年期の女性もテストステロンの分泌が急に増えます。そのため、シニア女性でAGA脱毛症に悩む人が少なくないのです。若い女性でも髭や体毛が濃いなどもともと男性ホルモンが多い人や、ストレスにさらされている人、睡眠不足の人などもAGA脱毛症を発症するリスクが高くなっています。

男性ホルモンの働きを抑えることが薄毛対策になります、男性ホルモンが原因の女性のAGA脱毛症には、いくつかの対策法があります。ポイントは男性ホルモンの働きをいかに抑制するかになります。