男性型脱毛症の症状と原因

社会の発展とともに、さまざまな原因で男性型脱毛症になる男性の人数はずっと増加しています。男性型脱毛症は、思春期以降の男性に現れ、前頭部の髪の生え際の後退、あるいは一般的には頭頂部の髪のボリュームの低下によって地肌が見えやすくなる症状があります。しかし、あなたは男性型脱毛症に兆し、あるいは男性型脱毛症になる症状を知っていますか。そして、この状況になる具体的な原因を知っていますか。以下の文章は男性型脱毛症についてあまり知らない人向け、説明しております。

主な兆し・症状

はげ毛が多い
毛が細かくなる
毛が伸びない
頭皮が脂っぽい
地肌が透けて見える
髪のセットはしづらくなった
髪が少なくなることで不安

原因

多くの男性型脱毛症は、男性ホルモン「テストステロン」が酵素により変換されてできた「ジヒドロテストステロン」の働きのは主な原因です。フィナステリドはこの変換酵素の作用を阻害する作用があります。つまりは男性型脱毛症の原因となっている「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制できます。また男性型脱毛症は進行型の脱毛症と言われています。以下はこの現象を招く原因を説明しております。

1.遺伝

男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」(DHT)の生成が阻害されることで、男性型脱毛症になる主な原因になります。このDHTは、テストステロンというホルモンが5α還元酵素の働きで変わられることによりできます。DHTの増加の一つ原因は遺伝です。ある研究で若くしてハゲ始めた人は、X染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に変異が目立ちます。男性はXとYの二つの染色体を持ち、X染色体は母親から継ぐため、母方の祖父がハゲていれば、自分もハゲる可能性があることが分かりました。しかし、これは絶対なことではありません。つまり、自分の母親の父がハゲていったら、自分にも将来、男性型脱毛症が発症する可能性があるかもしれません。

2.男性ホルモン

以上の内容とおり、男性ホルモンの変動は遺伝の原因がありますけど、これは唯一な原因ではありません。加齢で、ホルモンの変動もあります。つまり毎時期の男性はホルモンの変動が必然なものです。実は日常生活の習慣・食事などのことがホルモンの変動に大きいな影響を与えます。むしろ、日頃の生活習慣を改善することで、男性型脱毛症を改善することが当然だと思います。以下は日頃で悪影響を与える習慣を教えます。

1.ストレスで自律神経の乱れ
①血行不良
②睡眠不足
③内臓機能の低下
④頭皮環境の悪化

2.日頃の食生活
①偏った食生活
②アルコールの過剰摂取
③喫煙

実は、多くの男性型脱毛症は遺伝のせいではありません。日頃で、さまざまな原因で受けたストレス、または食生活の乱れが主な原因になりました。だから、日頃の生活習慣を改善することがとても大切だと思います。